避難訓練

楽音寺

2020/11/30

災害は忘れたころにやってくる。と言われていますね。
皆さんは、万が一の際に落ち着いて行動できるように、普段から準備されていますか?

大切なお子様をお預かりしている間に、災害等が発生するかもしれません。というわけで、消火訓練や避難場所へのルート確認等の避難訓練をしましたよ。



「お」押さない
「は」走らない
「し」しゃべらない
「も」もどらない
「ち」近づかない
これが、災害発生時や避難の時の大原則です。しっかり説明を聞いています。



消火器を(中身は水です)使っての消火訓練。ご家庭でも消火器の使い方や消費期限の確認は日ごろからしておきましょうね。



地震の際はダンゴムシのポーズでまずは身を守ります。できればクッションとかで頭を守れるとより安全です。





安全が確認出来たら、近くの中学校まで避難します。身の回りの必要な物をリュックに詰めました。できれば普段からすぐに持ち出せるよう準備しておきましょうね。
けれど、安全が第一なので、状況によっては着の身着のまま避難したり、玄関から出られずに窓や勝手口から出ることもあります。とにかく落ち着いて行動しましょう。







しっかりお話も聞くことができて、安全に行動できました。
少し足を延ばして「心合寺山(しおんじやま)古墳」に移動してお弁当を食べました。

平穏な日々が続くに越したことはありませんが、災害時には今日の内容を思い出して落ち着いて行動しましょうね。





一覧に戻る