お餅つき

楽音寺

2020/12/31

コロナ禍で心配は尽きませんが、年末の風物詩ということで「お餅つき」をしました。
例年なら、「やえのさと」「よしだ」のお友達も来てくれて合同のイベントでにぎやかに開催するのですが、今年は楽音寺のみ。ちょっと寂しい年末でした。

また、付きたてのお餅はとてもおいしいけれど、今年はついたお餅は食べずに「お鏡餅」にしましたよ。







急に寒くなり雨模様の日だったので、晴れ間を見て裏庭で本格的に杵と臼で蒸したてのお米をついていきます。





冷めないうちに、丸めていきます。ああっ、粉まみれ寸前です。







スタッフが用意して市販の個包装のパック餅を焼いて、豚汁に入れたり、砂糖醤油、きな粉餅で食べました。
それはそれでおいしかったけれど、来年はつきたて餅をみんなで食べられる、落ち着いた状況だといいですね。

一覧に戻る