節分工作 その1

楽音寺

2021/02/04

今年は明治30年以降124年ぶりに節分が2月2日でしたね。みなさんは、恵方巻を食べたり豆まきはされましたか?
お店で、福豆を買うと紙製の鬼のお面をもらえたりしますが、楽音寺では手作りしました。
工作週間として、1週間を通しての取り組みです。





紙皿に鬼の顔を描いていきます。みんな色んな表情があって個性的です。



角にも模様を描いていきます。







毛糸で髪の毛をつけたり、思い思いに仕上げていきます。
みんなが手に持っている小さいかばんは、福豆入れです。





今、大人気の鬼滅の刃の「あかざ」をお手本やコミックスを見ながら作った子もいましたよ。

たくさんのお友達が参加してくれたので、1回では紹介しきれません。
次回に続きます。

一覧に戻る