手作りはがき・紙すき体験

楽音寺

2021/09/06

今年はどちらの学校も早めに夏休みが切り上げられ、新学期がスタートしていますね。
夏休み期間中、たくさんのお友達が元気に朝から楽音寺にやってきてくれて、宿題をしたりお友達と遊んだり、イベントの参加してくれたりとたくさんの貴重な体験をしました。
また、スタッフも子どもたちからたくさんパワーと元気をもらいました。
順に夏休みのイベントを中心に、楽しかった夏を振り返っていきます。

まずは「手作りはがき・紙すき体験の様子をどうぞ。

7月のある日、みんなで紙すき体験をしました。



水に浸けておいた紙パック(今回はお酒のパックでした)の表面の防水加工のシート部分を剥がして



紙を細かくちぎって、もう一度水に浸けます。



紙がしっかり水分を吸ったら、ミキサーでびゃーん。撹拌します。







おお、テレビなどで見たことのある紙すきの枠が登場しました。
均等にならすのが、少し難しいですね。



色紙などを乗せて、飾りを付けたら完成です。
お家の方に普段の感謝の言葉を添えた暑中見舞いを書きました。
もちろん、郵便で発送できるので、切手を貼ってポストに投函しましたよ。

数枚作ることが出来たので、お家からもおじいさまやおばあさまにハガキを出してもらえればと思い、お持ち帰りしてもらいました。
とても味のある作品が出来たので、スタッフも子どもたちから分けてもらって、暑中見舞いをお世話になった方に出しました。




一覧に戻る