エー玉じゃなくて、ビー玉コロコロを作ろうの巻。

ひらのの家

2019/04/12

























 今日はみんなで「ビー玉コロコロ」を作ることにしました。
空き段ボールを使って比較的簡単に作れます。今回は簡易バージョンを制作しましたが、積み木などを用いればもっと高度な「ビー玉コロコロ」を楽しめます!

 ① 段ボールの上面をカッターナイフで丸くくり抜いて、そこに画用紙で作った円錐形を逆さまに据え置きます。(今回は「ビー玉コロコロ」を制作しやすいように、段ボールの一つの側面をあえて切断してあります)

 ② 円錐形の中心部にはビー玉より一回り大きい穴をくり抜いて、ビー玉が段ボール内部の下側に落ちるようにしておきます。

 ③落ちたビー玉は下側の溝に沿って転がり段ボールに作った側面の穴から出てきます。本当はこの側面から出てきたビー玉を、水車小屋と同じ仕組みでビー玉を下側から上側に戻して、円錐形の中をグルグル回りながら中心の穴に落ちる仕組みをつくれますね。楽しそう!

 円錐形の円盤を大きくして緩やかな角度にすればするほど、ビー玉はゆっくりと円を描きながら中心の穴に吸い込まれていきます。癖になる楽しさです!

 「ほんと見ていて正直飽きないです!」 
   「はまります?」
     「はい、嫌なことをみんな忘れてボーッと出来ますよ!」 
       「じゃあ、どっぷりはまってみますね!」

 大人のスタッフと違って、子どもたちは清らかな心でビー玉のコロコロ、グルグル回る軌跡を心ゆくまで楽しんでいまいたとさ。めでたしめでたし。(^_^;)

 追伸 スタッフの一人は試作用のビー玉コロコロをお家に持って帰って、ひとり心ゆくまでビー玉をコロコロしながら、~♫人生は紙飛行機♫~を、飛んでゆけ~、転がってゆけ~と、歌っているそうです。

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る