アクトランド八尾で、熱々の焼き鳥を食べよう!の巻。

ひらのの家

2019/04/20





































 ライズひらのの家の御用達のアクトランドで、今日はクッキングです。焼き鳥を炭火で焼いて美味しく頂きました。

 牛肉やラム肉や豚肉もバーベキューの時に炭火で焼くと美味しいのですが、やはり鶏肉は炭火で焼くと、皮がパリパリになり適度な焦げ目がついて香ばしさが断トツですね! 特に、ニワトリの丸焼きは最高です! 中でも一番美味しいのは、ニワトリのお腹の中に香草を詰め込んだ丸焼きはたまりません!
 あっ、空腹に耐えかねて思わず脱線しそうになりました。まあ、いつものことですね笑。

 無事に炭に着火して、万全の準備で焼き鳥が始まりました。子供たちは、周りの自然に触れて生き生きしています。虫を探して竹藪や雑木林に入って行く子供たちもいました。いつもと違って、みんな自分の趣味の世界に没頭していますね。みんな好きな遊びを見つけて楽しそうですね〜。

 竹藪の中で虫を探している時に撮影した一枚には、カラスの飛翔が写っていますね。ティシャツのドクロと漆黒の翼のカラスに、偶然とはいえ何か不気味な鳴き声が聞こえてきそうで背筋に冷たいものを感じてしまう雰囲気ですね。

でも下の広場では子供たちが、陽気にワーワー騒ぎながらサッカーを楽しんでいました。漆黒のカラスに言い知れぬ不気味さを感じるかもしれませんが、あのサッカー日本代表マークは勝利の吉兆を導く三本足の八咫烏(ヤタガラス)だし、エクスカリバーを抱きキャメロット城に鎮座するアーサー王もワタリガラスなので、彼はライズひらのの家の玉座に座す陽光ガラスと言えますね笑。

「焼き鳥屋で働いているみたいですね。すっかり板についてきましたね!」
「違います。串についてるのは鶏肉です! 見たらわかるでしょ!」

 とっても楽しい一日でした! お腹もいっぱいになって大満足ですね。この感動をどうしたら伝えることが出来るでしょうか? みんなの笑顔がその証拠ですね! また焼き鳥がいいな!

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る