おおお!筋肉痛の大渕池公園にレッツゴーの巻。

ひらのの家

2019/05/06





































 今日は近鉄奈良線学園前駅の北方にある奈良県立「大渕池公園」にやって来ました。とっても広い、広すぎる自然の樹木林豊かな公園です。この中心には大渕池があります。
 
 芝生広場には、様々な遊具があり自由に楽しく遊ぶことが出来ます。天気もよく大人も子供も思いっきり遊ぶことが出来ました。もちろん、次の日は筋肉痛になるので程々にしましょうね。

 奈良市の「学園前」の名称は、当時まだ近鉄奈良線の沿線が開発途上にあった頃にこの地に出来た帝塚山学園に由来しています。昔々まだ学園前が鬱蒼とした自然林だらけの時に、学園前を父や母と一緒に訪れたことがあります。今と違って住宅地なのに家もまばらで少なく、子供心にとても淋しい場所だった記憶があります。
 
 大阪の羽曳野市にも「学園前」の地名がありますが、こちらは四天王寺大学の学園に由来していて、近鉄南大阪線の藤井寺駅が最寄り駅ですね。ちなみに、この「学園前」の名前がついた途端に土地の評価額が急激に跳ね上がったのは誰もが知る事実ですが。おっと、近鉄線からちょっと脱線してしまいました。笑。

 遊具を使って自由自在に遊ぶみんなの笑顔を見ていると、子供たちの秘められた計り知れないパワーに圧倒されてしまいますね。筋肉痛の痛みに加えて関節の痛みや全身のだるさに、思わず「よっこらしょ」と口走ってしまいますが、これって筋肉や関節の密かなつぶやきだと思います。笑。

「この滑り台、ほんとよく滑るから大人でも楽しいわー」
「嗚呼、僕らあんまり滑りすぎてお尻が痛いよお〜」
「人生滑りすぎた私には、ちょうどいい感じの滑り心地かな?」
「だからって、僕らを道連れにしないでよ〜!」
「だって、滑り台は道連れって言うじゃない!」
「えっ? 旅は道連れじゃなかったの⁉︎」

公園内を走り回わる子供、遊具に飛びつき振り回される子、隣にいる子の絶叫に思わずびびる子、いつもより逃げ足の速い子と、追いかけるスタッフもみんなへとへとです。 嗚呼、明日の朝遅刻せずにしっかり起きれるかなぁ? 誰がこんなアクティブに遊び回る絶好の公園を選んだのでしょうか? 次の職員会議で優しく優しく糾弾しましょうね!

 子供たちの元気な声に励まされて、いや引きずられて、明日も一層元気良く「よっこらしょ」と頑張りましょい!

ひらのの家のみんなは、何故かいつも元気で〜す‼︎ ほんまかいな⁉︎ (^-^)

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る