満月の夜に?イースターパーティーをやろう!の巻。

ひらのの家

2019/05/10































 今日はライズひらのの家のイースターパーティーの日です。

 イースター(Easter)は、一般にイエス・キリストの復活を祝う「復活祭」とも言われています。2019年の今年は、4月21日の日曜日です。ユダヤ暦に基づいて今年は、イエスの最後の晩餐の後の死が4月19日の満月の金曜日だったので、3日後の復活で4月21日の日曜日ですね。

 実は、ライズ畑で収穫した「スナップエンドウ」も飛び入り参加しています。スーパーでは、20個入って130円程度するスナップエンドウが、数回の収穫のうちなんと一回の収穫で250個もありました! ほんまに凄いでしょう! 個人的には、軽く塩ゆでしたプリプリの鮮やかなスナップエンドウが大好きですね。笑。

 今日では、ハロウィーン、クリスマス、イースターはキリスト教の三大祭と言われるぐらい普及して商業化されていますが、すべてヨーロッパの異教の祭りの名残です。今やその名残が大々的に祭りとなっているのは、意外と知られていない事実です。なのでウサギさんも卵さんも、多産や豊饒の儀式に関係する風習に由来しています。

 そんなことはつゆ知らず、また梅雨の季節が来るなあ?(^_^;)と思いながら、とりあえず美味しい食事をみんなで楽しみましょうね。 ライズのみんなは、日頃のクッキングで鍛えた腕があるので、あっという間に出来上がりました。もちろん、食べるのもあっという間ですけどね。笑。

 ほんと、食べることの幸せをみんなしっかり噛み締めていますね。食べている時は、思わず笑顔になってしまいます。胃袋も微笑んでいることでしょう。

  「美味しかった後のお約束は?」
  「は~い!」
  「あとみんなで後片付けをしようね!」
  「は~い!」
  「誰かな? 食い逃げしようとしてるの!?」


エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,


一覧に戻る