それは、な、な、何じゃ~、ジャージャー麺の巻。

ひらのの家

2019/05/15































 ジャージャー麺はいつの間にか、日本の食卓の定番メニューになったような今日此の頃です。 ピリ辛の、甘辛のジャージャー麺は汁なし麺で今や大人から子供まで人気のメニューですね。

 カレーのように我が家のジャージャー麺が最も美味いと自慢する人も多いのですが、自分の舌と胃袋に絶妙にマッチするのはやはり自分ちの「正統派」ジャージャー麺です。 なんか正統派と名前が付くと異端と攻撃されたり、また元祖とか、老舗とか、本舗が名前につくと、食の争いの状況を呈するようで正直消化に悪いですね。

 と言っても、ライズひらのの家は食の王道を制すべく、今日のクッキングもグルメな児童の視線が痛いですね。笑。 肉あんのからみも大事ですが、食育を目指すひらのの家のスタッフは全てにこだわりを持っています。 生の中華麺は、やはりかんすいの美味い正統派麺を使います。 あの中華麺特有の色合いに独特の風味、そして弾力、喉越しはモダン焼きや焼きそばでも威力を発揮します。 でも何と言っても、空腹にまずいものなしです。

 みんな作っている時も真剣な眼差しですが、食べる時はもっと真剣で全精力を傾けます。 美味しい食事をすることは人生の喜びですね! ほんと食べれなくなったあのひもじい思い、胃袋のあの苦しみを経験した者しか分かりません。適度な空腹は心地よいものですが、度を越すと苦痛以外の何ものでもありませんね。

  「ジャージャー麺ってなんで、ジャージャー麺って言うのかな?」
  「・・・?」
  「知らないで食べてたの?」
  「豆板醤や甜麺醤をジャージャー入れて作るからかなあ?!」
  「ボーッと生きてんじゃねーよ!」
  「ひらのの家のチコちゃんなの?」

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る