関西サイクルスポーツセンターで、みんなの銀輪は唄うの巻。

ひらのの家

2019/05/18





































 またまた、関西サイクルスポーツセンターにやってきました。

 ここは、自転車に特化したテーマパークプラス遊園地といった感じです。 開演してから45年になるのでスタッフの中にも小さい頃から家族と行った人や、学校の遠足で行った人もおり思い出が詰まった場所かもしれません。
 
 サイクリングコースも完備しているので、しっかり風を頬に感じて疾駆したい人にも最適です。 他にも、誰が発明したのかわからないおよそ800種類の変わり種の自転車?もあり、一時大人も童心に帰るというか、素顔のままで自転車ライフを心ゆくまで楽しめます。 
 
 関西サイクルスポーツセンターは、河内長野市の市街から南西に山に分け入った南河内地域、地元の人は森林に囲まれた「奥河内」と称する山の中にあるテーマパークです。 遊園地やテーマパークがどんどん潰れて廃墟になっていくなかで、よく今まで生き残ってきたと思います。

 宝塚ファミリーランド、狭山遊園地、PLランド、玉手山公園、エキスポランド、奈良のドリームランドやあやめ池遊園地、神戸のポートピアランドや甲子園阪神パーク、京都の伏見桃山城キャッスルランド、琵琶湖タワーと関西エリアでも少子化の影響でみんな無くなって行きました。今は寂しくアルバムの中だけの遊園地です。 遊園地で撮った家族写真も思い出も今はセピア色になっています。(T_T)号泣。

 関西サイクルスポーツセンターさん、よくぞ生き残って下さいました! ほんと感謝の何ものでもありません。 今は当たり前でも、当たり前でなくなる時代です。 ああ、淋しいかぎりですね。

 でも遊ぶみんなの笑顔を見ていると郷愁に浸る暇もなく、一緒に明るく汗をかいて爽快な銀輪タイムを過ごすことが出来ました。 サイクリング車、水陸両用自転車、空中走行自転車、変わり種の自転車と楽しさ爆発の時間です。 おっと今日も忘れていましたが、筋肉痛の心地良い痛みと腰痛の怒涛の再来が。。。

 みんなの弾けんばかりの笑顔を思い浮かべながら、疲れた身体を熱い湯船の中でゆっくり思い浮かべる白昼夢をひとり思い描くのでした。 ファイト!十発!! ライズひらのの家は今日も元気で、銀輪は唄う~! (^~^)

 木立をぬって 坂道を走れば
 巧みなハンドル操作に 銀輪は唄い 
 心も軽やかに いつしか踊りだす
 あなたも私も 快走、快速、爽快、愉快、軽快 
 風に向って ラ!ラ!ラン、ラン
 ベルを鳴らして リン、リン、リン
 明日も一緒に 仲良く走りませう

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る