出来たてホヤホヤ熱々のポテチとポップコーンを食べようの巻。

ひらのの家

2019/05/23





































 今日は、みんなの大大好きなポテチこと、ポテトチップス作りです。

 作り方は、とっても簡単です。 ジャガイモの皮を剥いて薄切りにして、冷水にちょっとさらした後しっかり水分をとって、高温の油でじっくりと揚げます。

 キレイなきつね色になったら、鍋からポテトをすくいあげて紙の上で十分油を取ります。熱々のポテトに、ササッと塩をかけて出来上がりです。 

 そして、ポップコーンはフライパンにバターとサラダオイルを入れて、とうもろこしの粒を数分間炒って蓋をして、ポンポンと弾けてきたら完成間近ですね。後は、熱々のポップコーンにお塩を振りかけて出来上がりです!

 熱々で香ばしい匂いと、とっても美味しいポテトとポップコーンにみんな満足です。この時ばかりは、大人も子供も脂っこいだの塩分が多いだの言ってられません。本当に簡単に作れるけど、食べるのはあっという間にです。シンクに溢れ返る油にまみれたお皿を洗わなくて良ければ尚いいですね。笑。

あとポップコーンに生クリームを絡めたり、一番お薦めなのはキャラメルを絡ませるポップコーンです! これは好きという方も多いはずですが、♪トーハト~キャラメルコー~ン♪の、あのキャラメルの香ばしいやつですね。

 ライズひらのの家のポップコーンは、簡単で美味しいだけではなく、手間ひまかけて愛情たっぷりの塩味が効いたおやつですね。食べることは大切な人生の作業です。

 そして食を豊かにすることは、その後の人生に大きな影響を与えると言われています。好き嫌いをなくすことは大切なことで、嫌いな食材が入っているだけでその料理が食べられないと料理の選択の幅がなくなり、豊かな食材を味わう人生の喜びと、総天然色の深く妙なる味覚の世界を放棄することになります。 

 人は食べるものによって形作られるのです。なので、関西人なら体の半分はたこ焼きと、お好み焼きの粉もんで出来ていると言いたいですね。笑。 (^〜^)v

エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る