美味しいインドカレーとナンを作ろう!

ひらのの家

2019/10/17

今日は、インド料理のカレーとナンを作ります。

 カレーはそれぞれの家の伝統的な味がありますが、インドでも同じでスパイスの旨さ、あのガラムマサラの香りがたまりません。インドではひよこ豆などの豆カレーが主流ですが、もちろんキーマやチキンも美味しいですね。
 ただ、日本のカレーと違う点はカレーに小麦粉を入れないことです。日本のカレーは一般的に小麦粉が入っているのでドロドロしていますが、インドのカレーはサラサラしていて胃にもたれません。
 本格的にナンを焼くのは土窯のタンドールですが、今日はIHの力をお借りします。笑。
 
 ナンの中には、小麦粉、卵、砂糖、塩、イースト菌を入れてよくねって、ねかせて発酵させます。インドレストランで出てくるナンがきつね色のものは卵が沢山入っていますが、真っ白いナンがほとんど入っていませんね。焼き方は硬球ぐらいの発酵した小麦粉を指で押しつぶし少し平らに手のひらサイズにして、右手と左手を左右に叩き打って次第に生地が薄く均一になって涙型になれば完成です。 もちろん、お米が食べたい人はインドカレーに黄色のサフランライスがベストですが、サフランはちょっと高いのでウコンでも代用できます。お試しあれ~。
 「今日のカレーは美味しかったね~。明日も明後日も食べたいね!」

































 シー・ユー・ネクストタイム! (^~^)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る