須磨海浜水族園へ行こう!

ひらのの家

2019/10/28

今日は、須磨海浜水族園に来ました!

 水槽の中にいる生き物たちをじっくり観察できます。とりわけ、多様でカラフルなな生命体を見ていると地球の持つ潜在能力の凄さを再認識してしまいます。もうすでに滅び去った数多の恐竜たちの色彩は、 恐竜を研究する学者による想像の産物でしかありません。
 昔ロンドンの自然史博物館で巨大な恐竜の皮膚の化石を見たことがありますがとてもゴツゴツしていました、まあ化石なので当然ですね。シロナガスクジラの実物大の標本も博物館の天井に飛んでいました。笑。
 また、見学者の頭上にあるティラノサウルスとトリケラトプスの巨大な頭部はとても威圧感がありますが、大きな声で言えませんが、この博物館に来る前に首から下の体はどこかに置き忘れてきたようです。笑。おっと、脱線してしまいました。
 みんな真剣に見ていて、とっても楽しくて感動と驚きの連続でした。子みんなの声が聞こえて競うでしょ!

 それとイルカショウは楽しいけど、前方の席は思いっきり海水をかぶってしまいました。でもビショビショに濡れてもみんなの心はヒートアップしていたので、濡れた衣服もすぐに乾いた感じでした。

   「みんな、イルカさんと同じように大きくジャンプしようね」
   「そう、だって今年は令和元年だもんね!!」
   「それっていわゆる、平成ジャンプ!することだよね!?」




































シー・ユー・ネクストタイム! (^~^)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る