ペットボトルで水鉄砲を作ろう!

ひらのの家

2019/11/05

 今日は、いつもお茶や水を飲んだ後に残る、ペットボトルで水鉄砲を作ろうと思います。

 丸型や四角型の500ccのペットボトルがありますが、柔らかめの丸型で凹ました後の戻りが早いペットボトルを使うのがベストです。
 ペットボトルのキャップの上部中央に穴を開けますが、大きさはストローがピッタリ入る大きさにします。ピッタリと穴を開けないと、水が隙間から漏れて水の勢いが弱くなってしまいます。キャップからストローが5cm程度出ている感じで完成です。

 ペットボトルの表面には、みんな自由に好きな絵や文字を描きました。そして、ペットボトルの中に水をいっぱい入れてギュッとペットボトルを押すと、勢いよくストローの先から水が飛び出します。

 みんなとても楽しそうに遊べました。 勢いよく射出された水が空中できれいな放物線を描きながら遠くにキラキラ光って飛んでいきました。 子供たちが遊んでいる様子を見ていると、思わず一緒に遊びたくなってしまう衝動に駆られてしまいました。 

 子供心を包み込むように、またタマネギの皮を剥くように大人の心の芯には無垢な遊び心の原石が宿っているのかもしれません。 ペットボトルのように何度も心が押し拉がれても、心がストローのようにポッキリ折れてしまってもすぐに元気に明るく元通りになる新鮮な心や感情が欲しいですよね。 みんなにも何時もそう願ってやみません。 自分もですけど。

  「誰れだ、水をかけてくるのは!」
  「一緒に遊ぼ~よ~!」
  「これ以上水が掛かると、ほんまに子供になってはっちゃけてしまうぞ!」
  「えっ、今でも十分子供ぽいけどな~」

































シー・ユー・ネクストタイム!
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る