SW(スターウォーズ)工作 R2-D2(アールツー・ディーツー)を作ろう!の巻

ひらのの家

2019/11/07

SW(スターウォーズ)工作で、R2-D2(アールツー・ディーツー)を作ることになりました。

 スターウォーズは誰もが知るジョージ・ルーカス製作の映画です。第1作は公開当時、スターウォーズのロードショーを見た父親に勧められて見に行きました。

 第2作「帝国の逆襲」の時は、高価なサウンドトラック盤(LP盤)を買ってひとり応接間にこもってパイオニアのオールデイコンポで荘厳なオーケストラに酔い痴れました。 
 そして、アディダスのTシャツ20枚の背面にアップで、映画に出演する反乱同盟軍と銀河帝国軍の数々のキャラクターをイラストで描いて印刷制作した記憶があります。あのアディダスのTシャツ何処に行ったかな~。 当時スターウォーズのイラストを描いた生頼範義さんも亡くなったし、時の流れを感じてしまいます。おっと、脱線してしまいました。笑。

 R2-D2(アールツー・ディーツー)は、人気のあるキャラクターなので知らない人はいないと思います。
 作り方は、R2-D2の胴体の部分を厚紙で円柱状に作り、R2-D2の頭部は半球状なので軽量の紙粘土で作りました。 ガチャガチャのあのプラスチックボールの半分を金型にしてR2-D2の頭部を成形します。
 紙粘土の抜きは紙粘土がとても柔らかいので、本来は石鹸水をガチャガチャのプラスチックボールの半球の内側に塗って剥離させますが、紙粘土が乾いた後にR2-D2の頭部にブルーのラインや形状の紙を貼り付けることが出来なくなるので今回はサランラップで代用しました。 真っ白な頭のR2-D2が並ぶと、ほんと饅頭みたいに見えますね。 ちょっとお腹が空いてきましたね~。笑。
 また、R2-D2の脚部は円柱形の両側に2脚装着しますが、垂直面に対して30度の傾きでバランスを保ち接着します。 みんな木工用ボンドをR2-D2の脚部につけて手の指で均一に広げます。
 後は乾くまで触らずに、接着が完全に完了するまで輪ゴムでしっかり固定します。 後は完成を待ちましょう!!

  「木工用ボンド、なんか白くて、ちょっと酸い臭いがするけど」
  「段々と癖になるから、頑張って作ろうね」
  「このヌルヌルも気持ちがいいね」
  「乾くと透明になるから、もっと楽しいよ!」
 



































 シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る