和風ハンバーグ定食を作ろう!

ひらのの家

2019/11/23

 それは美味しい和風ハンバーグ定食を作りました。笑。

 グルメなライズひらのの家の子供達は本当に幸せそうですね! 何故って、いつも美味しい様々な料理を食することが出来るからです。 
 もちろん、美味しい料理を作るのには、涙も必要不可欠です。 特にとびきり美味しい和風ハンバーグを作るのには、大量のタマネギをみじん切りにしなくてはなりません。 タマネギの前には日頃泣くことのない誰とは言いませんが、とめどなく涙を流します。 もちろん男性陣は騙されてはいけません。 所謂、これこそ涙腺をこよなく刺激する嬉し泣きのワニの涙です。

 びっくりドンキーのハンバーグが好きな人も(昔は超でかくて、油でドロドロの草鞋サイズのハンバーグでしたけど)、ブロンコビリーのハンバーグが好きな人も(あの炭火焼きの粗挽きで俵型のハンバーグを半分に切り分けて岩塩で食べるけど)、みんな大人も子供もハンバーグが大大好きですね! みんなの声が、聞こえてきますよね~!

 美味しいものを食べることが人生の楽しみです。 みんなで食べると一層美味しくなって、とっても幸せになります。

 「美味しい時、ブオーノー!って思わず叫んじゃいます!」
 「私も人さし指で、両頬をグリグリして叫びます」
 「最高のブオーノー!は人差し指で、両頬からこめかみを経て、頭のてっぺんまでグリグリします」
 「イタリア人はそうするの?」
 「ひらのの家では、いつもそうしてます!」
 「さすがライズ人ですね!」




































シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る