ドラえもん展を見に行こう

ひらのの家

2019/11/28

 ドラえもん展を見に行きました。

 大阪市港区の天保山にある大阪文化館でドラえもん展が開催されていました。 1970年に誕生したドラえもんは、今や日本を遥か超え世界中の子ども達に沢山の夢や希望を届けています。 昔にコロコロコミックや小学館で呼んだ人も多いと思います。
 今回のドラえもん展は、日本を代表するアーティスト28人とドラえもんとのジャンルを超えた(超え過ぎた感がある)独創性豊か過ぎる現代アートです。 ちょっと子ども達の想像を遥かに超えるサイケデリックなアートって感じかな。笑。 
 カラフルな原色を配した絵画や立体アートもあり、ドラえもんが何処にいるの?って正直すっごく感じる幻覚に陥りました。 でも巨大なドラえもんやしずかちゃんやカラフルな幻想的なドラえもんもいて圧倒されたけど、最後は等身大のドラえもんがみんなを見送ってくれたので嬉しかったですね。
 みんなアニメや漫画の世界から、リアルなドラえもんに会えたのでとってもハッピーでした。 その夜はきっと夢の中でドラえもんと遊んでるでしょうね。 もちろん、のび太くんも一緒ですけど。

 「ドラえもんって、猫型ロボットだよ」
 「もし犬型ロボットなら、マンジュウもんかな?」
 「う~ん、やっぱり耳のない二頭身丸形体型だよね」
 「でも、細身のドラえもんってイメージ出来ないなあ」




































シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る