煮込みハンバーグを作ろう

ひらのの家

2019/11/28

 今日は美味しい煮込みハンバーグを作りました。

 ふっくらした煮込みハンバーグを作って幸せになりましょう。 
 ミンチも大事ですが、肉だねのタマネギをしっかりみじん切りにして、牛乳、パン粉、卵、塩コショウを入れてよく練ります。 リズミカルに肉だねを片手に叩きつけて、空気を抜き円形に成形します。 でも柔らかいハンバーグを作るため、粘り気がつくくらいでそれ以上の練り過ぎには注意しましょう! 
 個人的には肉だねには、ナツメヤシの潰したものか粉末を入れると美味しさが一層引き立ちます。 もちろん、カルダモンやクミンなどのガラムマサラも隠し味に入れるとベストです。

 煮込みハンバーグのソースは、タマネギをみじん切りにして、またタマネギの食感を味わうために縦薄切りにすると一層美味しくなります。 飴色になるまでしっかり炒めますが、忍耐力を欠いて飴色にならない状態でやるとタマネギの甘味が出ません。 カレー作りも同じです。 
 この飴色になった中に、醤油、トマトケチャップ、赤ワイン、コンソメ、バター、オリブーオイル、ウスターソース、トンカツソース、塩コショウ、ここにもナツメヤシとガラムマサラを入れれば最高です。 後ソースの中には縦薄切りタマネギの他に、しめじを入れると一層美味しくなります。 
 軽く両面を焼き上げたハンバーグをいれて、しっかり煮詰めてとろみが出れば完成です。 ヤッター!! 

 みんな至福のひとときです。そして、みんな煮込みハンバーグのソースもしっかり舐めました。 これは煮込みハンバーグに対する礼儀ですからね。 美味しいミンチの肉汁が溶け込んだソースは絶品ですね、いつ食べても。笑。

 「煮込みハンバーグもいいけど、ロコモコ丼もいいね」
 「3食ハンバーグでもいいけどね」
 「成人病の特急券をもらっちゃうよ」
 「ロコモコにグアバジュースが最高だしね!」
 「ノアノアの味って、もうないのかなあ?」
 「ハンバーグに、ボラボラも美味かったなあ~」




































シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る