八尾アクトランドで楽しいBBQをしよう

ひらのの家

2019/12/05

 八尾アクトランドで楽しいBBQをしました。

 BBQのために沢山の野菜や焼きそば、ウインナー・ソーセージや生パイナップルをカットしたものを食べました。 沢山の種類の野菜をカットするのは大変だけど、家でお母さんのお手伝いをするために日夜励んでいます。笑。 
 
 人生は睡眠と食で決まるので、あっ、もちろん仕事も趣味もあるけれど、時間的な観点から言っても人生の大半は良好な睡眠と食ですよね。 料理は女がするという伝統的な固定観念ではなく、生きる上で料理して食べることは男女を問わずとても重要なことです。 人として生きて行く上で豊かな食生活は充実した人生を醸し出し、日々の生活に無常の喜びと潤いをもたらすものとなります。 
 食べることの楽しみや喜びの視点からあの孤高のグルメを見ていると、人は食から胃袋と舌から日々大きな感動を感じていることを痛感します。 あの食べる前の独り言と、食べている時のつぶやきと、食べた後の充足感の叫びには食べる人の実感がこもっています。 これって、何にか旅に似ているように思えてなりません? 人生は遥かなる旅路であり、壮大な食の旅路と言えるかもです。笑。

 「BBQをするとやっぱり、何でも美味しいなあ」
 「炭で焼くと、香ばしくって美味しいよね」
 「から消しになっても、炭は使えるしね」
 「から消しって何のこと?」
 「灰にならずに残った、炭のこと!」
 「からっきし、役に立たない訳じゃないんだ」
 「灰、その通りです。笑」




































シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
追伸 手ぬぐいでほっかむりをしているのは、BBQ大好きのお友達です。笑。
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る