「なんば鬼ごっこ6」に参加しよう!

ひらのの家

2019/12/06

 今日は「なんば鬼ごっこ6」に参加することになりました。

 なんば周辺を決められたポイントを通過する、所謂スタンプラリー形式ですね。 大人も子供も楽しく街なかにある様々なポイントを目指します。 ポイントには、かわいい着ぐるみのキャラクターが待っていてきれました。 
 この「なんば鬼ごっこ6」の企画は、車椅子でスムーズに通過できる施設や段差を検証しながら、誰もが自由自在に通れるバリアフリーの世界を構築する壮大なイベントの一環です。
 みんな道頓堀の川面を見ながら、各自なんば周辺の地図をもらってスタートしました。 ゴールを目指して一生懸命歩きましょう! それにしても道頓堀の界隈は外国人観光客がぎょうさんいてますね。 大阪もオーバーツーリズムがもうすでに現実的になっていて、怒濤の観光客の大波の中を泳ぐというか、人の波に溺れる感じが正直なところです。
 でも、子ども達はそんなことは関係なく街歩きや散策を楽しんでいました。 最後ゴールしたけど、楽しい街歩きだったのでなんか達成感いっぱいでどうでも良くなりました。 みんな楽しかったね! あのCMの美園のビルも見れたし、たこ焼きも食べれたし、思いも心もお腹もいっぱいです!
 
 「鬼ごっこって、子供の遊びの定番だね」
 「鬼じゃなくて、仏ごっこてないのかなあ?」
 「仏ごっこて、みんなで一人だけを追いかけるとか?」
 「なんか怖いけど、すっごいモテ期だなあ」
 「まあ、モテ期があればの話だけどね」
 「モテ期ごっこって、どうしてないのかな~」




































シー・ユー・ネクストタイム! (*^~^*)
 追伸 リーゼントヘアの黒帽子の似合っているのは、いつも「ピンチを乗り越える」少年です!笑い。
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る