バスケ部練習の後のお楽しみ〜リレー競争をしよう

ひらのの家

2019/12/17

 バスケ部練習の後に、お楽しみのライズよしだ店とのリレー競争をしました。

 みんな自慢の脚力を披露する絶好の機会です。 独走する子供、追いかける子供、追われる子供、逃げ足の速い子供とみんな色々ですが、とっても楽しそうです! 
 リレー中盤には、あまりの激走に靴が脱げるハプニングもありましたが、共に実力が拮抗したリレー競争でした。 この時の靴が脱げる決定的瞬間を、冷静にもスタッフのカメラがとらえていました。 凄いなあ〜。 
 まさに終始白熱した手に汗を握るリレー競争でした、途中までは・・・。 約1名の愛嬌たっぷりの電車好きの彼が何を思ったのか、突然コースから外れて防球ネットに笑いながら突っ込み、ひとり楽しそうなパフォーマンスを披露してくれました。笑。
 目立つ彼を必死にコースに戻そうとするスタッフと、追いかけられてもなお嬉しそうにコースに戻らず逃げまくる彼との攻防戦を、応援するひらのの家の子供たちとスタッフは何とかコースに戻って欲しいと祈っていました。 
 そしてその結果は、周回遅れでの敗北でした。 何故か、最高の目立つパフォーマンスをやり遂げて意気揚々と凱旋する彼を尻目に、彼の場外乱闘を予測できなかったスタッフの落胆は非常に大きいものでした。 この後帰ってからはスタッフの涙の反省会です。 一番の敗因は誰の目にも明らかだけど、やっぱり口が裂けても言えませんね。
 でも、相手チームのよしだの店の子供たちもスタッフも、十二分に楽しんでもらえたので敗者の名誉と言えるかもしれません。

 「ほんと、世の中何が起こるか分からないよね〜」
 「学校で勉強したことを、遥かに超える事柄が最近多いし」
 「彼の行動予測にも、不確実なものが多すぎる!」
 「最新のAIをもってしても、絶対予測不可能かも?」
 「彼の感覚と行動をAIにするとベストかも?」
 「遠からず実現するなあ〜、多分」




































シー・ユー・ネクストタイム! (^~^)
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る