阿倍野防災センターへ行きました

やえのさと

2017/12/20

今回のお出かけは阿倍野防災センターへ行きました
阪神淡路大震災がおこってから22年、東日本大震災がおこって6年が経ちます。
震災や災害がいつ起きるかは誰にもわかりません。
もしも震災や災害が起こっても大丈夫なように勉強しよう!ということで阿倍野防災センターへ






到着すると今日受けるプログラムの説明を受けました!
今回のプログラムでは、火事が起きた時を想定し人体には無害な煙の中を進む煙中コーナー、消火器を使った消火体験、
119番通報体験、倒壊した町の中を見て回る体験、震度7地震体験をしてきました





倒壊した町の中を進んでいきます・・・
阪神淡路大震災や東日本大震災の時の町の様子を表しているそうで職員も思わず驚いてしまうような
リアルな様子でした!






消火器を使い消火体験をしています・・・CGで火を出しているのですが、
うまく火に当てないと消火されないので意外と皆苦戦しつつ頑張っていました(^^♪







ここでは119番通報の体験をしています!
職員も昔授業でしたな~と思いだしながら挑戦しました
はっきりした声で伝えないとうまく伝わらない仕様になっていたので皆大きな声で頑張ってくれました
震度7の地震体験コーナーの写真はないのですが、皆必死で自分の前にあるポールをつかみ揺れに耐えてました!
時々「こわいよ~!」と言っている子もいたのですが必死で耐えていました笑



一通りプログラムを終えると消防車の模型に乗ったりしてみんな楽しんでいました
その最中消防士さんの服を発見!
「きにくい~!」と最初は少し大きいサイズの服をずるずると引きずっていましたが笑
自分に合うサイズの消防服を見つけるとかっこよく着こなしていました
職員全員から似合ってる!と言われちょっと照れ気味な消防士さんでした





ライズ児童デイサービス やえのさと
TEL 06-6720-0310
エスエヌ企画,送迎,東大阪,八尾,松原,平野,おでかけ,行事,パパイヤダンス,運動会,知的障害,レット症候群,トラウマ,療育,発達支援,イベント,運動,療育手帳,受給者証,児童福祉法,学習障害,LD,広汎性発達障がい,PDD,自閉症,アスペルガー,スペクトラム,ダウン症,注意欠陥,多動性障害,多動症,適応障害,特別支援学級,学童保育,障害者自立支援法,児童発達支援管理責任者,児童指導員,保育所,保育士,厚生労働省,ADHD,介護,福祉,障がい,デイサービス,放課後,八尾支援学校,東大阪支援学校,西浦支援学校,東住吉支援学校,平野支援学校,生野支援学校,

一覧に戻る